春の民泊は秋に変更になりました

先日、民泊の会議で呼子に行く用事があり 時間があったので近くの名護屋城址を初めて訪れました

ガイドさんの案内を聴きながら、天守閣のあった場所まで歩きました    豊臣秀吉の時代、全国の大名が集められここに陣を置いて大陸への戦に向かった。   その時も武将達は同じ海を眺めていたんですね…

今は平和な景色…青い海と桜が満開でした

今年の春の民泊は 秋に変更になり 寂しいですが この時に今まで取りかかれなかった事をやっていこうと思っています

馬場の修理や、待望のピザ窯作りが進められれば良いな〜〜って思います  『身体を動かしたいなぁ〜』という方のお手伝い 歓迎します!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください